しずく日記

〜ハンドメイド好きな自称ミニマリスト(*^^*)〜

ダメな自分を受け入れる

昨日は身体が限界だったのか、夕食後に愛犬を膝に

乗せたままソファで寝てしまっていました💦

眠れないかと思えば、座っただけで寝落ちてしまう…

一体私の身体のリズムはどうなっているのだろう…

確実に言えることはやはり「睡眠の質が良くない」

という事だと思います💧

そして、そんな自分をどうしても「ダメな自分」

と思ってしまうのもよろしくない…。

 

私が子どもの頃は、常に「比較」される時代だった

ように思います。

兄弟間での比較、学校や成績、進路での比較、就職

や結婚相手の比較…あらゆる場面で誰かと比べられる

という、なんとも息苦しい状況でした。私だけ…では

ないと思いますが、その息苦しい感覚が抜けないまま

大人になってしまい、現在に至る…です😓

 

確かに競い合う人がいる方が自分を鼓舞することの

できるタイプの人もいますし、昔はそうして頑張る

時代だったように思います。

しかし、今はどうかというと「人は人、自分は自分」

という考え方が主流になっていますよね。

自分を鼓舞することができるタイプもいれば、鼓舞

するどころか落ち込むタイプもいるということです。

 

~今の自分をそのまま素直に受け入れてあげることが

できたらきっと楽になって自分のことをもっと好きに

なれる~

そう書かれた本を何冊も読みましたが、なかなか

自分のことに置き換えることができないもので、

今回の睡眠問題を抱える自分に対してもすんなりと

受け入れられていないでいます…

自分の思う「ダメな自分」を素直に受け入れることは

簡単なようで難しいということです💦

しかしどんな自分も「自分」として受け入れてあげる

ことが気持ちを安定させる方法の一つでもあります。

 

少しでも自分を生きづらさから解放し安定した状態で

過ごすこと

 

これもミニマリストの心の持ち方に相通じるような

気がします。アラフィフにとって心穏やかに安定した

状態で過ごすことはとても大切で、特に更年期障害

出やすいこの時期だからこそ意識したいことです。

まずは私自身がダメな自分を受け入れて、少しでも

心穏やかな安定した状態にもっていきたいですね😌

f:id:ShizukuAmano:20240303013556j:image

睡眠の質を上げるには

最近…睡眠の質が低下しているようで…

・寝つきが悪い(時計の秒針音が気になる)

・何度も目が覚める

・寝起きに身体が痛くて起き辛い

といった状態が続いています…(辛い)

とことん身体が疲れている時は座っただけで眠って

しまう時もあるのですが、これってどういう状態なの

でしょうか…

 

調べると「HSP気質の人は、音や光、匂いなどに

非常に敏感」と出てきました💦

HSP・・・Highly Sensitive Person 

この言葉は最近よく目にする言葉で、音や光、匂い

以外にも人の言動や表情などにも敏感すぎる人のこと

です。

交感神経が過剰に高ぶるのも特徴の一つで、私が

睡眠の質の低下だと思っているような症状が当て

はまってしまうと書かれていました。

しかし、あるドクターによるとHSPが皆、不眠かと

いうとそうではないと言われていました。

「過覚醒」という交感神経が過剰に高ぶる状態を

起こしやすく、その延長線上に「不眠」という状態が

起こると説明されていました。

「過覚醒」という言葉はあまり聞きなれないですが、

HSP気質の人は周りが気になることから必要以上に

頑張ってしまう傾向があり、それがストレスなって

副交感神経の上昇を妨げてしまい交感神経が優位な

状態が続いてしまうことを過覚醒と呼ばれると記され

ていました。

ん~確かにHSP気質ではあるけれど…

そういう状態だったのか…😓

ただし、HSPと不眠はイコールではなく、HSP

過覚醒になりやすいから不眠になりやすいということ

のようです。

 

では、どうしたら良いのかというと

「光や音、情報などの刺激を避けること」

HSPの特性として刺激に敏感であり、刺激を選択

できないところがあるようです。

これは、通常であれば無意識に必要でない刺激を

排除して過ごすことができるけれど、HSPはそれが

難しい、つまり、必要でない刺激かどうかの選択が

難しいからあらゆる「刺激」と考えられるものを

避けることが安眠に繫がるということになるのです。

 

こうして調べていると、HSP気質は病気なの?と

思いそうになりますが、あくまでも人が持つ特徴だと

書かれていました。

自分の特性を正しく理解して(落ち込まないで)

自分が安心できる環境を作ることが睡眠の質を上げる

ようにしていきたいですね😌

f:id:ShizukuAmano:20240301011624j:image

 

 

自分の気持ちを守るということ

人それぞれに価値観は違って当然ということは

度々書いてきましたが、今日は改めて価値観の違い

というか…温度差みたいな違和感を感じて気持ちが

重くなる出来事がありました…それは「兄との電話」

 

人はコミュニケーションを取る時、相手との温度差を

感じることは、よくある事だと思います。

でも、それが友だちや職場の人などであれば「他人」

として割り切れるのでそれほど気持ちに圧し掛かる

ことはないでしょう。しかし今回の私の場合は相手が

身内である兄だった…何かと思うことがあるので、

どうしても気持ちが重くなってしまいました😓

 

相手を追い込んだり、傷つけたりしてしまう…

そういう傷を受けた経験の無い人は、悪気なく相手に

そういう言動を取ってしまうことがあると思います。

ただ、あくまでも悪気無く…なんですよね💦

知らず知らず相手の心の傷口を広げてしまうような…

私が相手の言葉に過剰に反応してしまう

(気にしすぎ・HSP気質)なところがあるからなの

かもしれませんが、どうしても兄の言葉を未だに

(50歳になっても)受け止めづらいことが多く、

それは今までの威圧的な言動や不信感が私にバリアを

張らせているからだろうと思っています。

もうそろそろ、自分の気持ちが重くならないように

避ける技を身につけなければ💦

 

同じ親から生まれた兄と妹であっても、価値観は

違って当たり前。

それぞれに経験したことも違うのだから温度差は

あって当たり前。

その違和感をスルー出来ない間は、上手に距離を

置いたらいい。

 

自分の気持ちを守るためには「避ける」ことも大切な

方法だと思います。

今はまだ、上手く避けられていないけれど誰かを

守るように自分のことも守れる…

そうなりたいです😌

f:id:ShizukuAmano:20240229004443j:image

食べるという幸せ

美味しいご褒美を書きながら思ったことがあります。

それは「食べることで幸せな気持ちになれる」という

ことです。

もちろん、場合によっては反対の気持ちにもなって

しまうこともありますが…。

 

「食べることで幸せな気持ちになる」ということは、

決して満腹だから幸せな気持ちになるだけでは

ありません。

僅かな量であっても、美味しいと思えるものや

気持ちの込められたもの、こだわりのあるものなどで

あれば、心もお腹も満足できてしまうと思うのです。

以前、関西にいる時に感じた「食べる幸せ」という

ものは、料理の味付けや量で得た満足感だったように

思います。しかし、北海道に移住してからは

「量よりも質」「味付け<素材の持つ風味」

というポイントから満足感を得ていると感じて

います。

同じ肉でも素材の柔らかさで幸せになったり、

魚であれば鮮度で幸せを感じたり。

一見、他の人から見ると幸せのハードルが下がった

ように思われてしまうかもしれないですが、私は

今の方が幸せな気がします😊

若い時は沢山食べる若さがあったけれど、胃袋の

年齢も大人になると少量で満足できるようになった…

だけなのかもしれません💦

しかし、本当に美味しいもの(本当に良い物)を

少し楽しむ…これってミニマリストの考え方そのもの

のような…。

アラフィフと言われる年齢になると、今までと同じ

ではなくなることが多いです。

「食べること」もその一つでしょう。

身体の大人化によって趣向にも変化が出てくることも

あります。

「若い頃は〇〇だったのにな~」という言葉がつい、

出てしまうこともありますが、ネガティブではなく

ポジティブな意味合いにしてしまいたいものです。

 

〜何を幸せと感じるか〜

 

それは人それぞれですが、食べることでも幸せを

感じていたい…私はそう思います😌

f:id:ShizukuAmano:20240227212159j:image

地産地消~ご褒美の食事~

この3週間…色々と準備やら悩みやらで忙しかった

のですが、ようやく落ち着いたということで、引越し

当日と翌日は美味しいご褒美をたくさん頂きました😊

引越し祝いとして3人(娘とパートナー、私)で

洋食屋さんでの美味しいランチ。

夜は千歳にあるラムジンギスカンのお店で美味しい

地元のお肉を頂き、翌日も地元米と地元野菜使った

美味しくおしゃれなお食事処で…と食べてばかり

ですが(笑)本当に美味しいご褒美でした。

 

北海道は食材の宝庫で、お米や小麦といった主食は

もちろん、ジャガイモや玉ねぎなど多くの野菜、

人口並みに多い牛、豚、鶏、羊などの肉類、場所に

よっては新鮮な魚介類など、無いものはない言っても

いいくらい揃っています。全部が全部「地産地消

には至っていないですが、今回立ち寄ったお店は

地産地消そのものでした。

 

ランチを頂いた地元の人に愛されている洋食屋さん。

ここは特別感はなくノーマルなメニューのお店でした

が、シェフ一人で調理していて一品一品を大切に

作っている気持ちが味に込められている感じでした。

f:id:ShizukuAmano:20240226122542j:image
f:id:ShizukuAmano:20240226122546j:image

夕飯を頂いた千歳にあるラムジンギスカンのお店は

ラム独特の臭いが少なくて、肉自体の柔らかさも味も

店のこだわりを感じましたし、盛り付けの独創性が

魅力的でお客の心を引きつけるものがありました。

f:id:ShizukuAmano:20240226122606j:image
f:id:ShizukuAmano:20240226122614j:image
f:id:ShizukuAmano:20240226122610j:image

地元米をかまどで炊き上げているお食事処は、

畑ばかりの道のところにポツンと建っていて、ここも

一品一品に地元の食材を使っているメニューばかり。

なかでも驚いたのは「熊のしぐれ煮」。

熊⁈

思いもしない人生初の熊食でした…😅

でも、確かに獣臭さは残っていましたが、美味しい

しぐれ煮で大満足🎶

f:id:ShizukuAmano:20240226122643j:image

そして、食事をする建物のとなりにはお米の自販機が

設置されていて、新しいお米たちがそれぞれの場所に

入っていました。

もしかしてお米が買えるかも…と期待していた私の

予想通り。良いお買い物ができました😊

f:id:ShizukuAmano:20240226122658j:image

地元の食材を余すことなく使い切る…私のツボに

しっかりハマったお店たちで、今後も立ち寄りたい

お店リストにランクインです✨

今の時代、地産地消をもっともっと拡げてほしい…

私はそう思います。

中には規格外商品として売り場に出されないものも

多くあると言いますが、調理して食べる食材ならば

規格外であったとしても味は変わらないのだから

気にしないお客様もいると思います(私)

もっともっと地元野菜を地元の人の誇りと感じられる

ように、まずは地産地消で盛り上げてほしいですね。

 

これからもご褒美の食事を食べに行けるように

一日一日大切に頑張ろうと思います😊

f:id:ShizukuAmano:20240226122721j:image

 

娘の引越し〜彼女の居心地良い場所〜

今月初旬から問題になっていた「娘の引越し」が

ようやく終わりました…😌

金曜日は朝から引っ越し先で使えそうなものを車に

詰め込んで現地へ向かい、鍵の引渡しをしてもらって

ちょっとわくわくしながら新しい部屋へ。

そこでまず思ったことが

「清掃済み」とはどの範囲までを表すのだろうか?

ということでした。

完璧な清掃は無理だと思っていましたが…引渡しで

この状態はちょっと雑じゃないですか~と言いたく

なってしまう感じ💧

キッチンのシンク、トイレ、フローリングには汚れと

ホコリとミイラ化した虫…

糸の切れたブラインドや建付けの悪いドア等…

ちょっとびっくりな状態に、思わず気合を入れて拭き

掃除を始めてしまったくらいだったのです。

「子どもには清潔感のある部屋で過ごしてほしい」

これは絶対ゆずれないポイント。

上質とまでは言いません。ただ質素だけれど心地よい

生活をしてほしいだけです😌

 

質素で心地良い生活…それは私の思うミニマル生活。

しかし娘の場合は「ミニマル生活」というよりも

「ミニマム生活」タイプで出来る限り少ないもので

お安く収めたいと言っていました…

親子と言えど感覚の相違は仕方ないですね💦

「適当でいい」

「眠る場所があって、自由にお風呂やトイレを使う

ことができたらそれで十分」

こちらの思いとは確実にズレがあり、一言口出しして

しまいそうなところをぐっと我慢して見守ることに

しました。(口出しはしていなかったけれど、何かと

手は出していたかも😅)

 

イマドキの引越しは本当に簡単になっています。

電気や水道といった、ライフラインについても電話

一本で引渡し日から使用可能であったり、24時間

受付してくれるライフサポート窓口があったり

(物件によりますが)至れり尽くせりです。

その代わり、部屋の状態が・・・💧💧💧

しかし、幸い娘が多くを望んではいなかったので、

寮を出て自分の居心地の良い場所ができただけで

満足していたので、これで良かったかなと😊

 

ただ一つ気掛かりなのは、娘は「必要経費」と

「無駄遣い」の線引きができていないことです。

最小限で生活をしようとしていますが…

どうなることやら😓

 

物事に対して「安ければ何でもいい」という考え方も

あると思います。

私のように「安くても質の良いものを選びたい」

という考えも有りです。人それぞれ自分に合った

心地良い方を選ぶといいですが、私は後者派なので…

できることなら娘にも同じ感覚を持ってもらいたい

ところですが…いや、人それぞれ。

お口チャックですね😅

 

さて、これからどんな生活になっていくのか…

不安な気持ちと楽しみな気持ちの両方が顔を出して

いる…そんな感じではありましたが、とりあえず

引越し手伝いを切り上げて退散してきました。

 

「寮を出たい」と言い出して約3週間。

私と娘の両方の話を聞きながら実の父親のように

手伝ってくれたパートナーには本当に感謝です。

色々な判断や引越し作業…私一人では無理でした。

「居心地良い場所へ移してあげられて良かった」

パートナーの言葉、その通りです。

 

昨日と一昨日は、引越しとその慰労dayでした。

今日から私も気分を一新して過ごしたいです😊

f:id:ShizukuAmano:20240225081339j:image

Continuation is power〜継続は力なり〜

この「しずく日記」を始めたのはちょうど3年前。

本音を語ることができる場が欲しくて

はてなブログ」に辿り着きました。

備忘録・日記として何もわからないまま、ただ思った

事を書き続けてきましたが、最近になってようやく

周りに目を向ける事ができるようになり、ブログでの

繋がりもできてきました。ありがとうございます😊

 

思ったことや気づいたこと…

喜怒哀楽…

日々の生活を心地よいものにすること…

仕事や勉強の事…

娘のこと…

 

振り返ると…本当にまとまりのないブログちょっと

…かなり恥ずかしいですね💦💦💦

しかも最近は今までのように毎日投稿することが

できない日もあったり…

本当に無茶苦茶なブログですが、続けていくことで

「書く」ということがとても身近に感じるように

なりましたし、「読む」ということも増えました。

「継続は力なり」アラフィフになって改めて続ける

ということから得るものは大きく大切なものだと

感じています。

いろいろなことが中途半場になっている私ですが、

このブログは私の居場所の1つでもあるので今後も

続けていこうと思っています😊

 

昨日、あるセミナーで日本語の難しさについての話を

聞きました。

今、自分が正しい日本語を使えているかというと…

自信はありません💦

世界の中でも難しい言語「日本語」

4年目に入るこのブログでは少しこの「日本語」を

意識して大切に綴っていきたいと思いました。

そしてその日のお気に入りの写真も(時には過去の

写真も)併せて載せていこうと思います。

 

これからもこの「しずく日記」をよろしく

お願いします😌

f:id:ShizukuAmano:20240222204934j:image